cocoa(コロナ接触確認アプリ)のダウンロードと機能や使い方は?

こんにちは!ぶんたです!

2020年6月19日から運用の始まる

新型コロナウィルス接触確認アプリ』。

これは新型コロナ感染者が

近くにいると教えてくれる。

というものらしいのだが、

一体どうやって使えば良いのか??

そしてダウンロードはどこから?

気になるので『COCOA (ココア)』について

早速調べてみましょう!

スポンサーリンク

cocoa(コロナ接触確認アプリ)のダウンロード

まずはダウンロードはどこから

すれば良いのか。

スマホのアプリとなるので

iPhone =App Store
Android=Googleプレイ

からそれぞれダウンロードが可能!!∧ ∧

リンクを貼っておくので

それぞれの対応サイトから

ダウンロードしましょう!!

ところで名前がCOCOAじゃないのなんなの?

<app store>

<Googleプレイ>

まだ出ません。

時差がすごい。

スポンサーリンク

cocoa(ココア)コロナ接触確認アプリの機能は?

それではこの新型コロナ接触確認アプリ

ココアの機能とはどんなものなのか??

①アプリを実行すると各スマホの接触符号を生成する。

②Bluetooth機能を使った通信を行う。

③半径1メートル以内に15分以上あった
スマホのユーザーを『接触』として記録する。
記録されるのは『接触符号』
*接触符号は定期的に変更される。

③アプリの利用者に陽性が判明した場合は

2週間以内に接触があったと記録されていた端末すべてに
「陽性者と接触していた」と通知が届く!!

ということです!!

新型コロナウィルスに感染している人が

近くにいるかどうかなんてわかりませんよね( ꒪⌓꒪)

なのでそれをできる限り可視化していく

ってイメージですかね!

この機能が発揮されるためには

できる限り多くの日本にいる人間が

このアプリをダウンロードしなければ

あまり意味がなくなります( ꒪⌓꒪)

しかしダウンロードは任意なので

どこまでの人がダウンロードして

使ってくれるのか・・・・。

スポンサーリンク

cocoa(ココア)コロナ接触確認アプリの使い方は?

それでは次に使い方をみていきましょう!

せっかくダウンロードしても

使い方がわからなければ

上記の機能を上手く使いこなせません!

①アプリをダウンロード!

②Bluetoothをオンにする!

③もし陽性の人と接触があり通知が来た場合には
 息苦しさや倦怠感、高熱などの症状の有無や、
 身近に感染者や感染が疑われる人がいないか?!
 などの情報を入力します!

④自分が感染していた場合には、
 システムから届く『処理番号』を自分で入力して
 登録を行います!!

*いつでも削除可能で削除すれば収集された情報も消える

陽性の人と接触した場合と自分が感染した場合以外は

ダウンロードしてBluetoothの設定をオンにすれば

特に他にはすることはありません!

てことでダウンロードしてみた。

ホーム画面はこんな感じです!

起動してからは8つのステップをふみます。

操作中にBluetoothを有効にするかどうか

確認されるので

ここで『有効にする』を選択すれば

面倒な手間が省けます!!

Bluetoothを有効にしないと

接触の検知/検出ができなくなるので

このアプリ自体の意味がなくなります( ꒪⌓꒪)

スポンサーリンク

cocoa(ココア)コロナ接触確認アプリ個人情報は大丈夫?

ところで気になるのは

このアプリをダウンロードすることで

個人情報漏洩しないの?!
感染者ってことがバレて差別されないの?!

とかちょっと不安になりますよね( ꒪⌓꒪)

なんか怖い・・・

なのでしっかり調べておきましょう!!

①情報の収集はBluetooth機能を使って
 全て暗号化される

②氏名や電話番号の入力は必要なし!

③GPSの位置情報も収集されない!

④情報は14日間経つか、アプリを削除した段階で自動的に消去

ということです。

このココアで重要なのは

陽性者となった人のスマホのそばにいたかどうか

という点のみなので

自分が新型コロナウイルスに感染したということが

他の人に知られる可能性もないし、

特定される可能性もなければ、位置情報も記録しない

これなら安心な気がする。

そして次の開発元を見ると

さらに安心する気がする。

スポンサーリンク

cocoa(ココア)コロナ接触確認アプリの開発元は?

今回のこの新型コロナ接触確認アプリの

ココアなんですが

アップルとGoogleがタッグを組んでいる

とのこと。

ふむ。笑

みんながいつもお世話になっている

大企業が関わっていると思うと

ちょっと安心するような気がする。

難しいことはよくわからないんですが

こんな記述もありました。

個人のマーケティング情報をビジネスの中心にする
Googleとの意見の相違として
個人情報の保護に非常にうるさいアップルが、
暗号化技術を使って個人を特定できない状態にする
ということで異色のタッグが実現しているのだから、
そこは問題のない仕組みだと筆者は思う。

アプリはアップルとGoogleが提供する
フレームワークを利用するが、
GitHubを使ったオープンソースで開発されており、
内容は検証可能だ。

出典:Yahoo

とあるので

おそらく信頼のおけるものなのでしょう。

スポンサーリンク

COCOA(ココア)新型コロナウィルス接触確認アプリのまとめ

今回政府から発表された

新型コロナウィルスの接触確認アプリ

COCOA(ココア)が気になったので

調べてみました!

ココアはBluetooth通信を利用している

ココアは半径1メートル以内15分以上近くにいた
スマホの接触符号を記録する

ココアは個人情報の入力の必要はない

ココアは陽性者との接触の確認のためのアプリである

ココアは削除すると記録も削除される

とざっくりまとめると

こんな調査結果でした!!∧ ∧

ダウンロードする人がいないと

意味を為さないのに任意というのがなんとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です