ダイオウグソクムシはなぜ2年も排便をしなくて平気なの?謎の生態。

こんにちは!ぶんたです!

鳥羽水族館で飼育されている

ダイオウグソクムシが

約2年ぶりにお通じがあった!

と言うなんとも超平和なニュースが

流れてきまして。

とても気になり調べてみたくなりました。

なぜ2年も排便をせずに

ダイオウグソクムシは

生きていられるのか??

そもそもあまり食事も取らないようですが

その生態は謎に包まれています。

分かる限り徹底調査してみましょう。

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシが2年ぶりにお通じ!(排便)

と言うわけで

お通じをしただけで

ニュースになるダイオウグソクムシ。

日本て平和です。

鳥羽水族館で飼育されている

ダイオウグソクムシですが

なんと約2年ぶりに排便が

確認されたと言うことで

その内容物は『魚の鱗

水族館で与えた餌ではない!( ꒪⌓꒪)

どうも水族館に来る前に

食べたものなのではないか??

と言うことらしい。

まじか( ꒪⌓꒪)

2年もう○ちしなくて生きていられるの?

鳥羽水族館にダイオウグソクムシがきたのは

2007年9月から飼育開始
2013年7月から飼育した5匹が現在いる

と言うことなので

2年ぶりに確認されたと言うことは

2018年に1度確認されている

と言うことですかね??

もし水族館にきた前に食べたものが

今になって排便されたとなったら

2013年に食べたものだから

7年越し?!?!?( ꒪⌓꒪)

どう言うことなんだ笑

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシはなぜ排便しなくても生きていられる?

そんな全く排便をしない

ダイオウグソクムシですが

なぜ排便しなくても生きていられるのか??

不思議じゃないですか??

そもそもダイオウグソクムシは

『絶食』することもあるようで

過去には5年間何も食べず

死んでしまった個体もいるようですね。

食事をしないから排便することもないのか??

過去には4ヶ月間絶食をしていた

ダイオウグソクムシが死んだ後に

解剖したところ

消化がされていない魚が100gほど

出てきたらしいので

消化自体にかなり時間がかかるよう。

だから排便もしないし

排便をしなくても生きていられる??

超省エネ体質のようですね。

大型動物の割には飢餓にとても強い

と言うのが特徴のよう。

ダイオウグソクムシは絶食しても平気だから

少食なんでしょうか??

と言うか何を食べて生きているんだろう?

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシは深海の掃除やさん

絶食をしても平気で

あまり排便もしないダイオウグソクムシですが

深海の掃除屋』と言う

異名を持っています。

ダイオウグソクムシの生息地帯は

深海200〜1000m。

と言われてもよくわからない笑

出典:https://churaumi.okinawa/

こんな感じの分布らしい。

そんなダイオウグソクムシのお食事は

海の生き物の死骸を食べるらしい。

深海の底に沈んできた鯨や大型の魚類の死骸

食べて生きているのだが

いつでも死骸があるわけではないので

自然環境の中ではその獲物に

食らいつくらしい><

食べれる時にいっぱい食べて

その食べたものをゆーっくり時間をかけて消化

餌が限られている環境の中で

彼らが独自に進化していった結果

と言うことでしょうか???

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシについてのまとめ

今回鳥羽水族館の

ダイオウグソクムシが

2年ぶりにお通じがあった!

と言うことで気になって調べてみました!

ダイオウグソクムシは餌が乏しい環境でも
生き抜くために進化している

ダイオウグソクムシは深海の掃除屋

ダイオウグソクムシは5年絶食した記録もある

ダイオウグソクムシは消化にすごく時間がかかる

と言うことでした!

少ない餌で生きていかなければいけない

ダイオウグソクムシくん。

独自の進化を遂げて

ゆっくりと消化をすることで

排便することもあまりなく

少ない食事で生きていけるんですね( ꒪⌓꒪)

とても省エネな生き物でした。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です