復興ハイウェーって何?全貌と開通はいつで被災地はどう変わる?【NHK】

東日本大震災から2020年で9年が経ちますね。

あっという間な気がします。

9年経った今東北地方はどうなっているのか??

現在青森から福島までを繋ぐ

復興ハイウェーが建設中とのことだが、

いつ開通になるの??

この復興ハイウェーの開通で、

被災地はどう変わるの??

未だ人口の流出は止まらないみたいだけど、

これで人は戻って

賑やかさを取り戻せるの?

気になるので調べてみましょう!

スポンサーリンク

復興ハイウェーって何?全貌(どこ)は?

今回NHKで特番が組まれている、

シリーズ東日本では、

現在建設中の復興ハイウェー

紹介されます!

青森から福島までを繋ぐので

全長530km!!

すごいな( ꒪⌓꒪)

いつの間にかこんな事業が始まっていたとは

つゆ知らず。。。

長い時間をかけて復興が進んでいるんですね><

青森から福島をつなぎ、

被災地である、宮城、福島、岩手の3県を

またがってできるようですが、

実際どこにどうできるの??( ꒪⌓꒪)

この復興ハイウェーは

三陸沿岸道路

宮古盛岡横断道路

釜石花巻道路

相馬福島道路

4つを合わせて全長530kmの

復興ハイウェーというわけです。

かなり長い( ꒪⌓꒪)

このあたりの三陸沿岸に渡って

ナガーーーーーク!!!!

建設しています!

現在は全行程のうち

76%

416kmが建設ができていて、

すでに開通している区間もあります∧ ∧

これができたらかなり便利にはなりそうですが、

東日本大震災以前の街には戻れなさそう。

進化するのはいいことだけど、

元あったものがなくなるは悲しい。

昔から住んでいた人ならなおのこと?

それでも前に進むためには必要なことなのかも?

スポンサーリンク

復興ハイウェーの開通はいつ?

そして!

こんな青森から福島を繋ぐ

530kmもの壮大な建設計画!

クレーンで資材運ぶ映像とか

ちょっとワクワクしますよね!笑

一体いつ完成するんでしょうか??

この計画は2011年の11月に

予算が組まれて事業化されました!

東日本大震災が起きたのが

2011年の3月11日なので、

半年後にはすでに事業化されてたんですね^^;

こういう部分は早いのね( ꒪⌓꒪)

で、完成するのはいつかというと

復興ハイウェーが完成するのは、

2020年度末ということですから、

2021年の3月末までには開通!!

現在すでに部分的に開通もしています。

2019年のラグビーワールドカップの時に

会場である釜石鵜住居復興スタジアム

へのアクセス向上にも役立ったようですね∧ ∧

今後この道路が開通すれば、

人が減ってしまった

東日本大震災の被災地への

人の流入が見込めるのでは??

スポンサーリンク

復興ハイウェー開通で被災地はどう変わる?

では、これによって被災地はどう変わるのか??

道路もそうだけど、

大事なのは街がどう変わっていくのか。

そこに住む人たちの暮らしが

本当に快適になるのかどうかですよね??

いくらいろんなものができたって、

全く人がいなければさみしいだけです・・・

この道路の目指すとことは、

人・モノ・カネの流れを生み出すこと。

ってことは、人の流入もやはり気にかけてはいますよね。

経済が発展していけば、

自然と街も発展していって

少しずつ人が戻ってくる??

けど、その時には

昔から住んでいた人たちからしたら

全くの別世界ですよね。

現在でも大型のショッピングモールができたり、

小中学校が整備されたりしています。

こちらは、ドローン撮影で

過去と現在を比較した動画があるので、

みてみて下さい∧ ∧

2018年の映像なので今はもっと改善されているのかと??

そして現在は廃炉の作業員の方のための

宿舎ができたりと

なぜか地価が上昇しているようですし。

これからどんどん大きな企業が参入していって、

IT産業の進出も考えられる東北地方。

現に福島県には

ロボットテストフィールド

という施設ができています!

出典:https://www.fipo.or.jp/robot/
  • 無人航空機
  • 災害対応ロボット
  • 自動運転ロボット
  • 水中探査ロボット

といったものの開発を行なっています。

今後もこういった施設が増えるのでは??

東北地方に一気にIT関連の施設が増えるかもしれない!

しかし、こういった部分にだけ潤いがあっても、

実際に被災者の方達が元の暮らしに

戻れているかというとそうでもないよう。

スポンサーリンク

復興ハイウェーで被災地はどう変わる?現状は?

家を失ってしまった人

家が無事だった人の間には

大きな格差が生まれていて

今でも厳しい生活を強いられているよう。

家を失ってしまった人 家がある状態の人
避難所に避難

物資の支援が受けやすくなる

仮設住宅が無償で提供

災害公営住宅を保証される

被災後も自宅で生活

最大258万円家の修理費をもらえる

支援金で足りない場合は自分でなんとかする

という差が生まれていたようです。

うーん。

家は建っていて住めはするけど

確実に被害は大きいはずです。

2019年時点でも、家を失った人たちは

自分たちでなんとかすることに限界が来ていて、

元の生活に戻ることができていない人も^^;

仕事がなくなってしまった人も多い

心に大きな傷を負ってしまった人もいる。

津波によって被害の範囲があまりにも大きいので、

全てのフォローをするのは難しいと思いますが。。。

これからこうして街が発展することで、

こういった人たちに対しても、

何か利益があればいいのですが。

産業が発展すれば仕事も増えますし、

雇用問題も解決されるといいですね><

ですが、地元企業はどうなるんでしょうか?

大手企業の参入があれば、

現在も復興を目指して頑張っている

地元の企業は窮地に立たされる。

なんてことはないんでしょうか?

これにより

一部だけが特をする

なんてことにならないことを祈ります。

復興ハイウェーについてのまとめ

東日本大震災から2020年で9年が経ちました。

今回NHKスペシャルのシリーズ東日本大震災

復興ハイウェー 被災地の変貌

という特集が組まれていたので

気になって調べてみました!

復興ハイウェーって何???
 ー三陸沿岸道路/宮古盛岡横断道路/釜石花巻道路/相馬福島道路
      からなる青森から福島を繋ぐ全長530kmの道路

復興ハイウェーの全貌はどうなっているの?
 ー三陸沿岸を走る道路(詳しくは上の地図参照)

復興ハイウェーで被災地はどう変わる?
 ー人・もの・カネの流れが生み出されてIT産業が発展する?

被災地の現状は?
 ーいまだに元の生活に戻れてない人も多い

という結果になりました!!

この復興ハイウェーの開通によって、

いまだに元の生活に戻れてない人たちにも

いい影響が出ることを願います。

そしてこれからの東日本の発展に

大きな期待がかかります!!

これからの日本のITの発展に

大きな影響を与えると思いますので∧ ∧

そして!!

一部だけがウハウハ!

なんてことにしないでよね!!

ではでは!