マスクの品薄はなぜ?いつまで続く?工場フル稼働でも需要に供給が追いつかない?

コロナ騒動で買い占めが始まり、

全く品切れ状態が解消されないマスク。

このマスクの品薄はなぜ起きているの??

そしていつまで続くの??

工場は24時間フル稼働しているのに、

需要に供給が全く追いつかない??

トイレットペーパーやティッシュまでも

店頭から消えている今、、、

もうストレスが半端ない。

現状を調べてみよう。

スポンサーリンク

マスクの品薄はなぜ?

なぜこんなにもマスクの品薄状態が

続いているんでしょうか???

僕はなくなる前にたまたま買っていたので、

まだ自宅にあるんですが。

このままいくとなくなってしまいます。。。

マスクは不要との報道もありましたが、

感染予防にならなくても、

もしも感染してた時に振りまかないように予防

することはできますし、

マスクしてないでくしゃみなんてした日には、

周りの人が怖い。。。

なので、マスクが欲しいのだが

なぜ品薄状態が解消されないのか??

マスクの生産

マスクの生産は今まで7割が中国製。

日本製は3割だったよう。

なんでも海外に頼るのはよくないんですね( ꒪⌓꒪)

その中国製のマスクの生産がストップしてしまったので、

急いで日本製のマスクの生産を

24時間フル稼働で3倍に!!

工場の人たちが心配・・・・

それによって、1週間でなんと

1億枚もマスクが生産されています!

なのになんで品切れ、品薄解消されないの?!

日本国民何人だわ!!!笑

マスク品薄の理由

では、マスク品薄の理由を見ていこう。

そもそも品薄になったのは、

買い占め

転売

この二つが一番大きいと思う。

もう転売するのやめて欲しい。

花粉症の人も困る。

そして、需要と供給のバランス

通常の1.5倍以上生産しているのに、

需要が2〜3倍以上( ꒪⌓꒪)

こりゃ品薄になりますよね( ꒪⌓꒪)

さらには、ドラッグストアや店頭に並ぶよりも、

医療機関などに優先して配送されため、

一般家庭には届きにくいのだ。

うーん。

医療機関にマスクがないと、

そこからさらに感染が拡大するから、

確かにこっちのが優先だよね。

でもいつまで続くんだーーー><

スポンサーリンク

マスクの品薄いつまで続く?

この品薄状態いつまで続くのか?!

中国から100万枚送ってもらったり、

1週間に1億枚以上生産したりしても解消されない。

日本国民が1日1枚使ったとして、

人口が1億2千人なので、

あ、8億枚???wwww

足りないじゃんwwww

でも、ピッタマスクとか繰り返し使えるマスクもあるし、

今手作りマスクやうちに当てる不織布とかもあるから、

さすがに8億枚とは行かないでしょう。

買い占めや転売がなくなれば、

解消されるような気がする。。。。

マスクの品薄はなぜ?いつまで続くの?についてのまとめ

今回マスクの品薄がなぜこんなにも解消されなくて、

いつまで続くんだろうと疑問に思ったので、

記事にまとめてみました。

マスクの品薄は、中国製に頼っていたことが発端

マスクの品薄解消に工場は24時間フル稼働している。

マスクの品薄解消に1週間に1億枚以上が生産されている。

マスクの品薄がまだ続くのは需要と供給が一致してないから。

マスクは優先して医療機関に渡っている。

マスクの品薄は買い占めや転売がなくならないと消えない気がする。。。

ということでした。。。

僕としても仕事上マスクが必要なので、

一刻も早くこの状態を打破して欲しい。

我が家ではガーゼを使ったり、

マスクをあまり消費しないように工夫はしているが、

あまりにも長く続くととても困る。

一人一人がむやみやたらに不安にならない

騒ぎ過ぎないことが必要ですね><

ではでは!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ