naetor/ナエトル(フォートナイト)の顔や年齢などwikiプロフィール

close up view of a person playing computer game
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

プロゲーミングチーム

「Crazy Raccoon」に所属している

フォートナイトプレイヤー

「naetor(なえとる)」さん。

2020年10月に

Crazy Raccoonへ加入後、

デビュー戦となる大会で見事優勝し、

デビュー直後から大きな注目を

集め続けている凄腕プレイヤーです。

配信動画内では多くを語らず、

謎の多い彼のことをもっと知ってみたい

という方も多いでしょう。

今回は、naetorさんのことを深掘りし、

彼の素顔や年齢、年収などの

ことについての情報を皆さんにご紹介しようと思います。

ぜひ最後まで読んでいって下さい!

ゲーム実況者人気ランキング

two people holding black gaming consoles
スポンサーリンク

naetorの顔バレは?

これまで動画内で

顔出しをしていなかったnaetorさんですが、

近日開催されたフォートナイトの

世界大会にてとうとうその素顔を公開しました。

画像参考元:YouTube

ファンの間では、

ナエトルさんがとうとう顔出しをした!

と喜びの声も上がっていて

「意外だった」「イケメン」

といった声が多くあがっていました。

最近はヘアスタイルをコーンロウに変え、

可愛い印象から一転、

かなりカッコいい感じになっています。

スポンサーリンク

naetorのwikiプロフィール

【所属】Crazy Raccoon

【活動名】naetor(なえとる)

【本名】非公開

【年齢】17歳

【生年月日】2005年3月30日

naetorの年齢と誕生日は?

naetorさんの誕生日は

生年月日

2005年3月30日生まれ

2022年9月現在は17歳

14歳のころに、

Epicが主催する公式競技大会

「FNCSWarmup」で優勝したことで、

「14歳の若さで優勝した!」

「推奨年齢15歳のゲームで14歳が大躍進!」

と大きな話題となっていました。

スポンサーリンク

naetorの本名は?

naetorさんは本名を公表していないようです。

まだ17歳ということもあり、

プライベートな情報を公開するのは

控えているようですね。

活動を続けていくうちに

本名を公開するプロプレイヤーも多いので、

今後の報告に期待しましょう。

また、活動名の

naetor(なえとる)の由来も判明していません。

ポケモンに「ナエトル」

というキャラクターがいますが、

何か関係があるのでしょうか?

今後、質問コーナーのような動画も

公開してくれると思いますのでそちらに期待ですね。

naetorの年収は?

まだ17歳という若さで

多大な活躍をしているnaetorさん。

デビューしてから着々とファンも増えつづけ、

公式YouTubeチャンネルの

登録者数は現在6.4万人を超えています。

若きプロゲーマーの年収は

どれほどなのか気になるところです。

YouTubeで得られる広告収益から、

naetorさんの年収を推測してみましょう。

チャンネル登録者数6.45万人
総再生回数1311.22万回
動画1本あたりの再生回数3.02万回
直近1ヶ月の再生回数
2022/8/9-2022/9/6
14万回
(140,222)
2022/9/7

これらを踏まえて

youtube広告の収益を計算すると…

年収

140,222回×0.2円=約2.8万円

約2.8万円×12ヶ月=約33.6万円

naetorさんは年間でおよそ「36万円」の

収益を得ているということが判明しました。

naetorさんは多くの大会で

賞金を獲得しているので、

実際の年収はもう少し高いかとおもいますが、

今のところはゲームのみで

生活できるほどの収入は得ていないようですね。

スポンサーリンク

naetorの好き嫌いの口コミ

「可愛い」

「大会でたんたんと結果を出すのがカッコいい」

「イケメン」

などの好評な意見が多数見られます。

嫌いだと評価する人が非常に少ないのも印象的です。

スポンサーリンク

naetorのまとめ

naetorさんの意外な素顔に

驚いた方も多いのではないでしょうか。

大会で素顔を公開してからは、

SNSでも顔写真を載せるような機会も増え、

より一層親しみやすさを感じられるようになってます。

配信動画の華麗なプレイを見るのもいいですが、

動画内ではあまり見せることのない

プライベートな部分も垣間見えるので、

よかったらTwitterなどもチェックしてみてください。

スポンサーリンク