【ピアソン】ゆいの年齢や出身などwikiプロフィールを完全網羅!

IdentityV 第五人格」というゲームを実況している

 

人気Youtuber・ピアソンゆいさん。

 

最近ではお相手である

 

のんさんと結婚したことを報告し

 

ファンからは多くの祝福の

 

コメントが寄せられています。

 

今回はそんなピアソン・ゆいさんの

 

年齢や出身についてwikiプロフィールに

 

まとめていきます!

 

スポンサーリンク

【ピアソン】ゆいの年齢は?

 

 

ゆいさんの年齢ですが

 

SNSや動画を確認したところ

 

はっきりとは公言されていませんでした。

 

しかし、少なくとも

 

妻であるのんさんよりも

 

ゆいさんのほうが年上

 

あることが判明しています。

 

憶測にはなりますが

 

のんさんの年齢が20代半ばであると

 

思われることから

 

ゆいさんの年齢は20代後半

 

いったところではないでしょうか。

 

他にも、自身のSNS上で

 

9月3日に「起きたら色んな人から誕生日おめでとうメッセージが!!」と

 

ツイートされていることから

 

生年月日は9月3日であることが分かります。

 

 

他にも顔出しや本名などは

 

公開しておらず

 

まだまだ謎が多い印象ですね!

 

ゆいさんに限らず

 

ゲーム実況者は基本的に

 

プライべートな情報を公開していない

 

ことが多いため今後も

 

明かされることは

 

ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【ピアソン】ゆいの出身は?

 

 

ゆいさんの出身ですが

 

これについても年齢と同様に

 

公表されていませんでした

 

のんさんと出身が同じであれば

 

愛媛県ということになりますが

 

質問コーナーでは遠距離の秘訣について

 

回答されていることから

 

その可能性はなさそうですね!

 

 

愛媛県から遠距離となると

 

少なくとも四国ではなさそうですね!

 

遠距離の秘訣について動画では

 

共通の趣味があったから」と

 

回答されています。

 

また、ゆいさんは学生時代

 

誰とでも話せるタイプだったそうで

 

コミュニケーション能力の

 

高さには定評があったそうです。

 

学生時代は

 

結構モテていたのではないでしょうか。

 

できればのんさんとの

 

出会いや馴れ初めについても

 

知りたいところですが

 

まだハッキリとは

 

公表されていませんでした。

 

しかし、のんさんの

 

好きなところについては

 

「素でいられるところかな」と

 

回答されており

 

とてもお似合な夫婦ですよね!

スポンサーリンク

【ピアソン】ゆいのwikiプロフィール!

 

 

ゆいさんについてプロフィールにまとめると以下になります。

 

wikiプロフィール

名前   ゆい(唯)

本名   不明

生年月日 9月3日

年齢   20代後半?

身長   168㎝

出身   不明

大学   不明

 

ゆいさんの身長は168㎝であることが判明しています。

 

一方でのんさんの身長は

 

165㎝もあるそうで

 

パッと見たところ同じくらいに見えますね!

 

 

また、体重は47.6㎏だそうで

 

かなり痩せ気味である

 

ことが分かります。

 

高校や大学については

 

分かりませんでしたが

 

趣味でベースを弾くことができる

 

ことから、学生時代は

 

軽音部だったのではないでしょうか。

 

また、のんさんとは

 

二年間の交際の末

 

ゆいさんの方からプロポーズを

 

されたそうでその時の様子について

 

自身のYoutube上でも公開されています。

 

 

クリスマスにプロポーズをする

 

ゆいさんの姿がとても素敵ですよね!

 

これを機にお二人が

 

結婚をすることが決まりました。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はピアソン・ゆいさんの

 

年齢や出身について

 

wikiプロフィールに

 

まとめていきながら

 

徹底的に探っていきました。

 

ポイントをまとめると以下になります。

  • ゆいさんの年齢は20代後半であると推測
  • ゆいさんの誕生日は9月3日
  • ゆいさんの出身については不明だがのんさんとは遠距離恋愛をしていた
  • ゆいさんの身長は168㎝で体重は47.6㎏

 

今後ともゆいさんのご活躍を暖かく見守っていきたいです

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク