料理研究家リュウジの年収は?経歴や年齢などwikiプロフィールについても!

皆さんは普段、料理をする機会ってありますか?

最近はコンビニでも美味しいご飯が簡単に買えてしまうので

料理をしないという人も多いかもしれません、、、

ですが、料理研究家リュウジの動画を見れば

挑戦してみたくなってくること間違い無しです!

この記事では、数々の料理を紹介している男性YouTuber・リュウジさんに関する

  • 年収
  • 経歴
  • 年齢

などをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

料理研究家リュウジの年収は?

現在、YouTuberチャンネル料理研究家リュウジのバズレシピ

チャンネル登録者数が189万人(2021年5月現在)と

大人気のリュウジさん。

一体、年収はどのくらいなのか気になりますよね!

 

ここでは、動画の広告収入から年収を調べていきたいと思います!

まず、直近1ヶ月間(2021年4月15日から5月13日)までの

総動画再生回数は約2000万回再生でした。

現在、YouTuberの広告単価は再生回数×0.2円以上とされているので

計算してみたところ月収にして400万円となります。

年収にするとなんと4800万円になることが分かりました!

 

これはあくまで推定年収なので、実際の年収は

もう少し変わってくるかもしれません。

それにしても料理チャンネルって凄いんですね笑

投稿される動画のサムネイルを見ただけで、美味しそうなのが伝わってくるんです↓

スポンサーリンク

料理研究家リュウジの経歴は?

続いてはリュウジさんの経歴について調べていきます。

現在、YouTubeで 大活躍されているリュウジさんですが

元々は料理研究家として2017年から

レシピをTwitterへ投稿し人気を集めていました!

さすが料理研究家だけあって、凝った料理ばかりではなく

一人暮らしの方主婦手軽に作れてしまう簡単激ウマレシピが反響を呼びました。

その活躍はTwitterだけに止まらずいくつもの本を出版、

さらにはテレビ出演など多岐に渡ります。

ちなみに本は「料理レシピ本大賞」 の

料理部門で入賞受賞を獲得されています。

リュウジさんの料理はすごいクセになる味付けですよね笑

スポンサーリンク

料理研究家リュウジの年齢は?

見た目が非常に若々しく、ここまで料理が上手なリュウジさんですが

年齢はいくつくらいなのでしょうか?

調べてみたところ、

生年月日は1986年5月2日生まれの35歳(2021年5月現在)です。

この年齢でここまで活躍されているって凄いですよね!

ちなみに現在は株式会社バズレシピの代表取締役社長

という肩書きも持っているんです。

料理研究家リュウジのwikiプロフィール!

wikiプロフィール
・名前:リュウジ
・本名:菅澤 竜士(すがさわ りゅうじ)
・年齢:35歳(2021年5月現在)
・生年月日:1986年5月2日
・出身:千葉県千葉市
・身長:非公開
・血液型:非公開

料理研究家として、様々なレシピを生み出してきたリュウジさん。

一体どういった経緯で「料理研究家」になったのか気になります。

調べてみても料理の事ばかりで経緯についてはあまり触れられていないのですが、

ライフスタイルマガジン「やる気ラボ」のインタビューではこう答えられていました↓

学生の時に、母が病気がちだったので自分が料理を作って家族に食べさせたことがありました。その時に得られた達成感が、料理を好きになっていくきっかけですね

出典:やる気ラボ

始まりは家族への作った料理なんて良いエピソードですよね。

 

そんなリュウジさんですが、実はすぐに料理研究家になった訳ではなく

料理はあくまで趣味、他の仕事をしながら続けていたそうです。

今では表に出る側の人間ですが、高校時代はゲームにハマりすぎて

2年間も引きこもってしまったのだとか、、、

その結果、高校を1年で退学することになってしまいます。

 

その後、ホテルマン・街場のレストラン・介護事務

仕事を変えていきます。

意外と様々な仕事をされていたんですね!

介護事務の休憩中にその日のご飯を何にするかを調べ、

レシピをメモしていた所から少しずつ料理研究家としての

活動がスタートしていきました。

 

この当時はブログをしていたそうですが、

特にそこでお金を得られたという訳でもなく

多くの人から見てもらえていた感じでもなかったそうです(汗)

 

そして、自分が好きな料理を続けてきた結果

「バズレシピ」が誕生しました!

スポンサーリンク

料理研究家リュウジについてのまとめ

料理研究家として活躍されているリュウジさんをご紹介してきました。

本人曰く若い頃「料理人は向いていない」と思っていたそうですが現在では立派な料理人なのではないでしょうか!?笑

 

確かに堅苦しさがないので「料理人」という言葉は似合わず、

「料理研究家」の方が様々な料理を手軽に楽しくといった

イメージで捉える事ができて合っていますよね。

 

料理が苦手という方でも簡単に作れてしまうレシピが

たくさんあるので「料理研究家リュウジのバズレシピ」

チェックしてみてください!