手越村は山梨県のどこに!場所を特定!山口達也参戦でダッシュ村化?

こんにちは!

暴露本的なフォトエッセイの

AVALANCHE-雪崩-

その中に書かれていたのは

手越村構想

これはダッシュ村の二番煎じなのか??

手越祐也さんは時期は未定ですが

山梨県を候補地として

インスタでも視察に行っている様子を

アップしています。

この場所がどこなのか?!

さらに山口達也さんの協力を仰いでいる

ということですが

これは実現するんでしょうか?!

気になるので調べていきましょう!

スポンサーリンク

手越祐也の『手越村構想』とは

次々に面白いことを企画する

手越祐也さんですが

この手越村は一体なんあのか???

何を目的としているんでしょうか??

農業体験や食文化の大切さを伝える
農業で村おこしをしたい

というのがポイントとなっているようです。

手越祐也さんといえば

シングルマザーの女性を支援する活動など

精力的に活動していますよね。

そう言った活動の中の一つということでしょうか?

具体的な内容は

農業を通して子供たちに食育や農業体験などをして欲しい。

その場で採れた野菜やくだものを

『トウモロコシ狩り、いちご狩り』のようにして

自分で収穫をしてから食べることのできる施設を作る。

子供たちや普段農業に触れ合う機会のない人たちだけじゃなくて、

直接的に農家さんにも手越村を通して支援を広げていきたい

という壮大な計画のようです。

各自治体によっては畑などを使って

子供たちに農業体験をさせているところもあります。

ですがそれは身近にあるからこそ

世話をする→収穫する喜び→食べる楽しみ

という農業体験を通じた食育ができるのであり

ただ1箇所でしかも山梨県でとなると

ちょっと身近ではないような・・・・

山梨の子供限定ならわかるのだけど。

スポンサーリンク

手越村へのネット上の反応は?

これに対してネット上では

と楽しみにしている声と

ちょっとそれどうなの?

て声とに分していましたね´д` ;

スポンサーリンク

手越村は山梨県のどこ?場所を特定!

そして今回の手越村の候補地は

山梨県ということで

手越祐也さんは山梨県に実際に行っていました!

こちらがその時の写真ですね。

ここで特に特徴的なのは川があることですかね。

山間部でとてもきれいな場所ですね∧ ∧

そしてこの場所というのが

山梨県の甲州市
山梨県富士川町

のどちらかではないかと思われます。

<甲州市>

<富士川町>

甲州市はぶどうの生産で有名なところですねー∧ ∧

ちょうど山と川に囲まれています。

さらに富士川町周辺には『富士川』という

かなり大きな川が流れています。

スポンサーリンク

手越村は山梨県甲州市?!

山梨県甲州市は自然が広大であります。

川下りなんかもできるようですね。

そして何よりぶどうの生産で有名ですよね∧ ∧

今回の手越村の構想の中には

果物狩り

という部分もあるので

この可能性も考えられます。

そしてもう一つはどことなく風景が

似ているなという部分w

出典:https://budounooka.com/

どうでしょうか??笑

手越さんの訪れた場所の近くは

地滑りの危険があるところなので

山がガッチリと固定されていますよね。

(法枠工っていうらしい)

しかし山梨県にわ法枠工が施されている箇所が

めちゃくちゃあるのです´д` ;

手越村の場所は富士川町?

続いての候補は富士川町ですね。

山の麓にあるのはもちろんですが

こちらは『富士川』という大きな川が

近くを流れています。

地名になるくらいですからね。

風景的にも一致するものがあります。

富士川町と甲州市はそんなに遠くないので

この近辺を視察していた可能性は

十分あり得るのでは??

と考えらえます!!

スポンサーリンク

手越村に山口達也を召喚?ダッシュ村の真似か?

そして今回手越祐也さんは

手越村の構想を実現させるために

山口達也さんを召喚しようとしている。

やりたいという思いはあるけど、農業知識は全然力になれない。
僕がリスペクトしていた大先輩の山口くんに協力してもらいたい!
『鉄腕!DASH!!』に出演したときにホントに男気もあってカッコいい!
と感じました。
お互い事務所の人間じゃないからこそ人生の先輩として、
農業の先輩として指導してもらいながら力になれたらと。
こき使ってもらっていいので農業のすばらしさを広げていきたい

とコメントしています。

ただ・・・・

手越祐也さんは山口達也さんの連絡先も

なんにも知らないwww

これはかなり難しいのでは??

と思いますね。

そして手越祐也さんは

僕の頭の中の妄想なので
具体化できるかどうかはべつ。
願いを口に出して伝えるのは自由じゃないですか。

と行っているので

この手越村自体が実現するかどうかも不明である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です