山奥ニートの生活場所や収入源のまとめ!世界一受けたい授業で話題に!

こんにちは!

最近では地方に移住する方も増えて

都心を離れて

悠々自適に田舎ライフを

過ごす人も増えてきていますよね!

そんな中『山奥ニート』という

生活スタイルを送っている

人たちがいるという・・・・

一体場所はどこなのか??

またニートとはいえど

日本で生きていく限りは

いくら自給自足をしても

ある程度の収入は必要だが

収入源はどうしているんでしょうか??

気になるので調べてみましょう!

スポンサーリンク

山奥ニートの生活場所は???

まずは山奥ニート生活をしている場所

についてなんですが

『限界集落』で生活を送っているそう。

和歌山県田辺市の最寄り駅から

バスを乗り継いで約1時間半の場所にあります。

そこはどこかというと

なんと

NPO共生舎という建物が( ꒪⌓꒪)

(住所:和歌山県田辺市五味240-10)

山奥ニートの実態は

NPO(特定非営利団体)法人でした!( ꒪⌓꒪)

意外な事実・・・

共生舎は和歌山県を拠点に活動する

特定非営利活動法人。

「公的支援に頼らず、さまざまな人が集まり、共生していくこと」

を理念としている。

限界集落にニート・ひきこもりなど居場所のない

若者の居場所を作る活動をしています。

とのこと。

現在は20~40代のメンバー10数人で

共同生活をしているそうです!!

スポンサーリンク

山奥ニートの収入源は???

ニートとは言っていますが

本当にニートなのか。

そもそもニートとは

十五歳から三十四歳までの、
家事・通学・就業をせず、
職業訓練も受けていない人。

ということらしい。

就業してないけど収入がある場合は

ニートと言えるんでしょうか???

まず彼らの生活費で必要な額は

月に1万8千円

結構安い。

これならなんとか稼げそうな気がしますねw

で、どうやっ収入を得ているのかというと

地域の人たちの仕事を手伝うこと

で収入を得ているようです。

村の人たちと

収入源は紀州梅の収穫や草刈りのお駄賃
ブログの広告収入

などしているようです。

さらにはここで暮らしている

石井あらたさんはほんの出版をしています。

累計1万8千部売れているそうなので

印税にすると

本が1650円/印税10%/消費税10%

1650×10%×18000×10%=326万円

となるので

かなり稼いでいるwww

これはもはやニートと呼べるのか??

十分稼いでいるように感じる。

そうなると住民税とか

支払いも増えてしまう気がするが。。。w

とにかく、多くの支出がないので

何かしらで収入を得ることができれば

充分生活が可能だということですね!∧ ∧

興味のある方は

NPO共生舎に問い合わせてみては?!

共生舎HP

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です